京都西陣織着物帯の中でも最高級と言われるつづれ織の伝統工芸士小玉紫泉が懐紙入れや金封入れ等を直接販売
ホーム | 金封ふくさ 名刺入れ > 懐紙入れ手織りつづれ織 金封ふくさ・懐紙入れ兼用  最高級手織り【さくら・ピンク】
商品詳細

手織りつづれ織 金封ふくさ・懐紙入れ兼用  最高級手織り【さくら・ピンク】[ID:H0001]

販売価格: 21,600円 (税込)
[在庫なし]
希望小売価格: 32,500円

西陣織(つづれ) 金封ふくさ・懐紙入れ兼用  最高級手織り【さくら・ピンク】

西陣織の帯の中で最も高級とされる「爪かき本つづれ織」。文字通り柄の部分は爪で掻いて織り上げる技法で、熟練の技が光る逸品となっております。革に匹敵する丈夫さと絹の光沢が美しい一生物です。中には三箇所ポケットが付いており、金封や懐紙などを入れておくことが出来ます。サイドのかがり部分もつづれ織のシルクの糸を使用、千鳥かがりは伸縮性がありますので、たくさん物を入れる事ができて、何も入っていないときはフラットになりますので大変機能的です。

二つ折りの金封入れは袱紗(ふくさ)のように包み方などを気にせず、ただ入れるだけなので大変重宝します。お茶を習っておられる方へのプレゼントに、社会人になられる方へのお祝いに、また、本物の良さを知っておられる方への贈り物にいかがでしょうか。

※商品写真はできる限り色目を再現するよう心掛けておりますが、ご利用のモニターにより若干差異が生じる場合がございます。 予めご了承ください。

※桐箱入り。金封・懐紙は付属しておりません。あらかじめご了承下さいませ。

商品詳細
サイズ:(横幅)20cm弱 (縦)11cm (厚み)9mm
重量:45g
素材:西陣織(つづれ) シルク100%
箱の有無:有・桐箱入り
のし/包装:のし可/包装可
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
西陣織ー爪掻本つづれ織ー
(画像をクリックすると大きく見られます)
製織/伝統工芸士 小玉紫泉氏