京都西陣織着物帯の中でも最高級と言われるつづれ織の伝統工芸士小玉紫泉が懐紙入れや金封入れ等を直接販売
ホーム小玉紫泉工房オンラインショップについて
当ショップについて

伝統工芸士 小玉紫泉が運営

伝統工芸士・小玉紫泉、1952年生まれ。
西陣織の道に入って30年以上。
通産省生活局賞(グランプリ)・技術賞・伊勢丹賞・大丸賞他多数受賞。伝統工芸品でありながら常に新しい物を取り入れる作風を得意とする。
詳細はこちら...

伝統工芸士小玉紫泉

つづれ織が最高級と言われる理由

爪掻き本つづれ織は西陣織の中でも最高級とされています。
爪掻き本つづれ織は文字通り爪で搔き柄を描いていくという繊細な作業で制作され、完成するまでに非常に時間のかかるものであり、熟練した職人でも大変な技術と労力を要する織物です。柄によっては1㎝織るのに丸一日の時間を費やすこともあります。
また、完成までに多くの工程が必要となり、それぞれの工程で経験の豊富な職人による分業が進んでいます。つまり、多くの職人による集大成であると言えます。

つづれ織が最高級と言われる理由

当ショップの商品について

【国産の絹糸を使用】

小玉紫泉工房の着物帯(きもの帯)では、品質の高い国産絹糸を使用し、全ての工程を日本国内で行っている純国産です。

国産の絹糸を使用

【手織りの証拠】

つづれ織は、杼(ひ)を使って一織り一織り、足を踏みかえ織り進めます。この杼に入っている管には少しの糸しか巻き取ることができないので、ところどころ糸と糸を繋いだ節(ふし)や、柄織りの際に糸を切ったところが出てきます。それが機械織りと手織りとの違いであり、手織りの証拠と言えます。(不良品ではありません)

手織りの証拠

【西陣織の証拠】

着物帯(きもの帯)は西陣織工業組合によって検品され、確かに西陣織の製品であることを認めれたものだけ発行される証紙を、箱のフタに貼るなどしてお客様にお届けいたします。

※バッグや懐紙入れなどの小物には証紙は付きませんので ご了承下さいませ。

西陣織の証拠

【小玉紫泉工房作の証拠】

小玉紫泉工房の着物帯(きもの帯)は西陣織工業組合に登録し、西陣織の規定に沿った製織を行っております。当工房でつくられた帯には組合番号の入っためがね証紙をお付けしております。

小玉紫泉工房作の証拠

【小玉紫泉工房サイト便利ページ】

当工房サイトでは、お客様のお役にたてるよう>男帯の締め方女帯の締め方帯留めの締め方をご説明したページをご用意しております。 また、着物の基礎知識に関するページもご用意しております。 是非、ご活用ください。